私があなたのチートです! 異世界転移したら王太子様に監禁溺愛されました
【本体1200円+税】

amazonで購入

●著:クレイン
●イラスト:旭炬
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:978-4-8155-4073-9
●発売日:2021/12/28

愛してる。これから先の人生を、どうか私に与えてくれ

大好きだった母が早逝して落ち込む有紗は、同じく母を亡くした美少年ルーと夢で出逢い生きる力を取り戻す。逢瀬を重ねるうちに年下だったルーは、いつしか有紗の年を追い越し、彼女に熱く迫ってくる。「細かいことは忘れましょう。夢の中なんですから」ダメだと思うも流され、ルーに何度も抱かれる彼女だが、会社のピクニックで川に溺れたはずみで、ルーが王太子の異世界に転移してしまい!?





「ルーカス王太子殿下、フェルセン公爵閣下、ご政務中に申し訳ございません」
「何があった?」 
 突然の非日常に、この書類地獄から抜け出せると、ルーカスの声がうっかり若干弾んでしまう。
「王宮の中に侵入者がございました。目撃した女官の話によると、突然中庭の噴水の中から現れたようです。いったいどこから侵入したのか――――」
 報告に来た近衛兵も、不可解そうな顔をしている。
 もちろんここは王宮なので、王族しか知らない秘密通路というものがある。
 だがそれが噴水の中にあるという話は、聞いたことがない。
 もしかしたらまだ、この王宮に隠された秘密の抜け道などがあるのかもしれない。
 これは王族として見過ごすことはできないと、嬉々としてルーカスは椅子から立ち上がった。
「それはこの国の王太子として、何があったかを確認しにいかねばならないな!」
 普段なら気にならないことも、今のルーカスにとっては現実逃避の良いネタとなる。
 そしてその隣で面倒そうなため息を吐いた、アルベルトのことはもちろん無視である。
 どうやら侵入者は一切武器を持っていない、面妖な格好をした、若い女であるらしい。
 よって、即座に切り捨てられることはなかった様だ。
 近衛兵に案内され、二人は侵入者が捕らえられたという中庭に向かう。
 そこには一人の女が剣を突きつけられた状態で、ブルブルと震えながら地に伏せていた。
 その背中に柔らかに波打つ、栗色の髪。男装のような、不思議な衣装。
 その見慣れた色や格好に、ルーカスの心臓がどくんと大きな音を立てた。
(まさか……)
 そんな都合の良いことが起こるわけがない。ルーカスは湧き上がりそうになる期待を押しとどめる。
 女は随分と弱っている様だ。見える部分の肌が色を無くし、青ざめている。
「ルー……」
 そして、小さな声で幼く自分を呼ぶ、声。
 その声音に、ルーカスの体にぞくりと痺れが走った。
 ずっと、夢の中で聞いていた、耳慣れたその声。

 カルシュテイン王国では、このところ悪戯な女神の手によって、不思議なことが度々起きている。

 初代国王が転生して、同じく転生した初代王妃と再会し恋に落ちたり。
 現代を生きた侯爵令嬢が、時を超え、過去の英雄王の元へと嫁いだり。

 ――――だからきっと。女神が地上に堕ちてくることだってありえるのだろう。

「アルベルト。『童貞王』になるのはやめることにした」
「――――は?」
 何言ってんだこいつ、と言わんばかりの声音のアルベルトをやはり綺麗に無視すると、ルーカスは兵士たちに押さえつけられている女に向かって、まるで夢見るような表情のまま、ふらふらと近づいていく。
「ルーカス殿下! そのように不用意に近づいてはなりません!」 
 近衛兵が鋭い声で叫ぶが、ルーカスはそのまま構わず近づき。――――そして。

「……アリサ」

 縋るような声で、愛しい名を呼んだ。
 すると、彼女が弾かれたように顔を上げる。
 そしてルーカスを見上げ、その茶色に緑がかった美しい目を、驚いた様に見開いた。

 そこにいたのは、間違いなく夢の中のままの、ルーカスが心から愛する女神で。

「――――今すぐ剣を引け!」
 常ならぬルーカスの厳しい声に、近衛兵たちが慌ててアリサに向けていた剣を下ろす。
 アリサは信じられない、とばかりにその綺麗な目を大きく見開いたまま、ルーカスを呆然と見つめている。
 ルーカスはアリサを誘うように、その両手を広げた。いつも夢の中で彼女にやっていたように。
 アリサがふらりと立ち上がる。そしてよたよたと覚束ない足取りで、ルーカスの元へと歩いていき。
 自らその腕の中に、すっぽりと収まった。
 周囲の近衛兵たちがぴりっと警戒するが、ルーカスは彼らを目で制する。
「ルー……」
 そしてまた小さく幼い声で、アリサがルーカスを呼ぶ。ルーカスは必死に瞬きをして、溢れそうになる涙を散らしながら、その細い背中に腕を回した。
 すると安心したのか。そのままアリサはルーカスの腕の中で、意識を失ってしまった。
 ずしりと重くなった腕の中を、ルーカスは慌てて覗き込む。
 するとアリサは青白い顔で、小さく寝息を立てていた。
 ルーカスは胸を撫で下ろすと、そのまま彼女を抱き上げ、自分の部屋に向かって歩き出した。
「ルーカス殿下! その娘は一体……!」
 近衛兵たちが慌ててルーカスの後を追い、問いかけてくる。
「ああ、私の恋人だ。執務が終わるまで私の部屋で待っているように言ったはずなのに、どうやら私がなかなか戻らないからと、心配して出てきてしまったようでね」
 ルーカスは愛おしそうにアリサを見つめ、そして少し恥ずかしそうにそんなことを言った。
 王族が気に入った女性を王宮の私室に連れ込む、というのは特に珍しい話ではない。
 先王の時代では、しょっちゅう行われており、愛人と王妃が鉢合わせするなんてことも、日常茶飯事だったようだ。
 だがルーカスは清廉潔白で、これまで女性を王宮に連れ込んだことは、一度もない。
 そんな女っ気ひとつなかった王太子の突然の恋に、近衛兵たちも動揺している。
「彼女はこのまま私の部屋に連れていく。お前たちは自分の持ち場に戻れ。――ご苦労だった」
 ルーカスの言葉に、近衛兵たちは不安そうな顔そうしつつも、王太子に対する騎士の礼をとってその場を後にした。
 彼の側に残ったのは、不可解そうな顔をした腹心であるアルベルトのみだ。
「ルーカス。一体何があったんだ? この子は一体?」
「幼く見えるがちゃんと成人女性だ。この子とか言うな」
「……その女性は一体?」
「私の女神だ。……どうやら神の国からはるばる私の元へ堕ちてきてくれたらしい」
 ルーカスは幸せそうに顔を綻ばせた。アルベルトは驚いて目を見開く。

「なあアルベルト。どうやら神は、本当にいるのかもしれないぞ」

☆この続きは製品版でお楽しみください☆

amazonで購入

ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラブックス3周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
お知らせ

2021/12/30
電子書籍ガブリエラブックス
『離縁されました。再婚しました。2 仮面陛下の愛妻』東 万里央・イラスト/すずくらはる
『実は御曹司の弊社CFOに溺愛されている件について』加地アヤメ・イラスト/敷城こなつ
『悪役令嬢ですが、王太子(攻略対象)の溺愛がとまりません』鬼頭香月・イラスト/ウエハラ蜂

2021/11/30に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が12/30頃より順次スタート致します。

ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/11/30
電子書籍 ガブリエラブックス
『いつでも二番目な私でしたが、エリート御曹司に熱烈求婚されそうです!?』奏多・イラスト/天路ゆうつづ
『スパダリ鬼上司にガッツリ捕獲されまして。 いきなり同棲♡甘々お試し婚』小出みき・イラスト/壱也

2021/10/29に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が11/30頃より順次スタート致します。
ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/1/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ


12月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】
1/『めちゃモテ御曹司はツンデレ万能秘書が可愛くってたまらない』小出みき・イラスト/小禄
2/『コワモテ不動産王の不埒な蜜愛』玉紀 直・イラスト/なま

2020/12/25に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が2021/1/25頃より順次スタートいたします。
ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink