イケメン石油王の溺愛
シークにプロポーズされても困ります
【本体685円+税】

amazonで購入

●著:あかし瑞穂
●イラスト:蔦森えん
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:978-4-8155-2051-9
●発売日:2020/06/05

君の夜を独占したい


人材派遣会社に務める山田花子は、得意先の関係者で美貌のシーク、ファルークに毎日のように口説かれ迷惑していた。飲み比べで自分が勝ったら、ちょっかいを出さないという約束で彼と勝負をした花子は、完敗し彼に抱かれてしまう。「ハナコの肌は甘いな。ずっと舐めていられそうだ」優しく抱かれ、知らず彼に惹かれていたことに気付き動揺する花子。ファルークに一度抱かれれば、興味をなくされると思ったのに、さらに溺愛され!?




「ひゃ、ああああっ!」
 花子の腰がベッドの上で大きく跳ねた。太腿の間にファルークの長い指が侵入し、茂みを優しく撫でたのだ。そして茂みの奥にある花びらを、四角い指先がゆっくりとなぞっていく。柔らかな肉襞を彼の指が擦る度に、花子の太腿がびくびくと痙攣した。
「あ、ああ、あ」
 花子がいやいやと首を横に振ると、ファルークの瞳が妖しく光る。
「考え事をする余裕があるようだな。なら」
 つぷ……
「あああああっ!」
 軽く何かが弾けたような音と共に、慣れない痛みが花子を襲った。さっきまで花びらを擦っていた指が一本、まだ硬い花子の入り口のナカに挿入ったのだ。
「っ、いっ……ああああっ!?」
 ちかと白い閃光が花子の目に弾ける。ファルークの別の指が、きゅっと小さな突起を抓んでいた。強く鋭い快感が、花子の痛みを掻き消す。
「あ、あ、あああっ」
 花子の口は空気を求めるように、はくはくと動く。親指の腹が敏感な花芽をぐりぐりと押し潰すと、熱い何かが花子のナカから外へと零れていった。 
「ああ、ナカもきついようだ。だが、十分濡れている。痛みが快楽に変わるのも、すぐだ」
 花芽へ与えられた快感が身体を支配しているうちに、花子のナカで指が動き出した。入り口近くの肉壁を擦ったかと思うと、くいと指を返して別の場所を擦る。纏わり付いている襞が濡れているせいか、指の動きはスムーズだ。いつしか花子の腰は、指を求めるようにゆらゆらと横に揺れ出していた。硬い指を包み込む襞は、花子の意志とは別に蠢いている。

(なに……? これは、何なの……?)
 何も考えられない。花子の身体の隅々まで暴こうとしているファルークの指に、逆らえない。
(こんなの、っ……!?)
「ひっ、あああああ、んんっ!」
 ちゅ、とファルークの唇がぷっくりと膨れた花芽を捉えるのと同時に、もう一本の指が花子のナカに侵入した。
「甘い果実の味がする。誘惑の匂いも濃厚になってきた。悦んでいるのか、ハナコ?」
「あ、やぁ、んん、あああっ」
 答えようにも、花芽を優しく吸われた花子の口からは、言葉にならない甘い悲鳴が上がるだけ。花子の蜜をぴちゃぴちゃと舐める音が、彼女の耳から身体の奥にまで注ぎ込まれ、そこでねっとりとした熱に変わり、また肌へと浮かび上がっていく。
(こげ……そ、う……)
 花子が霞んだ目でファルークを追った。褐色の左手は花子の太腿に置かれていて、金色の髪が太腿の間で煌めいている。熱心に花芽を舌で転がしている彼は、花子の視線に気が付いたのか青い瞳をこちらに向けた。
「ああああああっ!」
 一層強く花芽を吸われた花子は、背中を仰け反らし、頭を横に振る。黒髪が白いシーツの上で乱れ、汗ばむ首筋に張り付いた。
「やぁ、あっ……ああっ」
 二本の指が、狭い花子の陰路をみちみちと広げていく。鈍い痛みとそれを上回る快感に、花子はまた身震いした。
「ハナコのナカは熱くて狭い。私の指を旨そうにうねうねと咥え込んでいるのが分かるか?」
 小さな笑いを含んだ低い声に、かっと頭に血が上る。
「っ、そ、んなのっ……あああああっ!?」
 取り戻し掛けた理性は、あっという間に吹き飛んだ。熱い舌がじゅるりと音を立て、花子の蜜を舐め始めたのだ。膨らんだ花芽をじっくりと舐め、ひくひくと蠢く襞に溜まった蜜を舐め、ところどころで甘い肉を吸い上げるファルークに、花子はもう抵抗できなかった。
「あ、う、ああんっ……!」
(やっ……な、にか……)
 熱さと快感がどんどんお腹の底に溜まり、溢れてはち切れそうになる。震える白い肌は汗ばみ、しっとりとした感触になっていた。花子のナカを弄っている右手とは別に、ファルークの左手はふるんと震える花子の右胸を掴んでいる。
「は、はあ、はあっ……ああっ……」
 乳首を抓まれる感触。花芽を吸われる刺激。そして濡れた襞を弄る指の動き。その全てが合わさり、熱い大きなうねりとなって花子の身体を押し上げる。
「あっ――……」
 熱が暴走し始めた。花子は目を見開き、背中を仰け反らせて耐えようとする。だが、高まり始めた快楽の波を操る ファルークの指が、花子を逃すはずはなかった。
(だめ……だめ……だめ、え……っ!)
 苦しい。熱い。もっと。だめ。
「さあ、イくがいい、ハナコ」
 ちゅうと花芽を強く吸われた瞬間、一気に熱が弾け飛んだ。
「あっ……あ、ああああああーっ!」
 花子の目の前が真っ白に染まる。どくんどくんと脈打つ蜜壺は、ファルークの指を締め付けて離さない。
「あ……は、あ……」
 花子の身体から力が抜けた。顔を上げたファルークは、身を乗り出して花子の唇に口付ける。てらてらと光る彼の唇からは、雌の匂いがした。
「ちゃんとイけたようだね。ココも随分と柔らかくなった」
「ひゃんっ!」

☆この続きは製品版でお楽しみください☆



amazonで購入

ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラ文庫6周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
お知らせ

2021/9/30
電子書籍 ガブリエラブックス
『神さまの嫁にはなりません! 守り神と美貌の侯爵にめちゃくちゃ愛されてます』
クレイン・イラスト/サマミヤアカザ
『姐さんにはなりませんっ! 冷徹な若頭はお嬢に執着する』
御厨 翠・イラスト/氷堂れん
『王太子妃候補に選ばれましたが、辞退させていただきます 危険な誘惑』
春日部こみと・イラスト/すらだまみ

2021/8/30に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が9/30頃より順次スタート致します。
ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/8/30
電子書籍ガブリエラブックス
『推しさえいればよかった私が憑いてるスパダリ御曹司と結婚した件』猫屋ちゃき・イラスト/獅童ありす
『イケメン御曹司は子育てママと愛娘をもう二度と離さない』森本あき・イラスト/敷城こなつ
『乙女ゲームの悪役令嬢に転生したら、ラスボスの闇の王に熱烈に口説かれました』蒼磨 奏・イラスト/鈴ノ助

2021/7/30に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が8/30頃より順次スタート致します。

ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/1/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ


12月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】
1/『めちゃモテ御曹司はツンデレ万能秘書が可愛くってたまらない』小出みき・イラスト/小禄
2/『コワモテ不動産王の不埒な蜜愛』玉紀 直・イラスト/なま

2020/12/25に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が2021/1/25頃より順次スタートいたします。
ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink