若き虎王の蜜愛
囚われの王女は黄金の毛並みを愛撫する
【本体1200円+税】

amazonで購入

●著:白石まと
●イラスト:ウエハラ蜂
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:978-4-8155-4032-6
●発売日:2020/11/30

嫁いだ先の城にはもふもふの子虎が闊歩していて!?

叔父の命でジェイド王国国王、オーガストに嫁いだアデレイド。弟を人質に取られ、嫌々間諜的なことをしていたが、ある夜、巨大な虎に変身するオーガストを目撃したことで互いの事情を打ち明け真に結ばれる。「愛している。私の妻は、お前しかいない」美しく優しい夫に蕩かされ幸せに浸るアデレイド。だが叔父と従兄の魔の手が二人に迫り!?




 かたりと音がしたのでそちらを見ると、少しばかり窓が開いていて、窓際の床に小さな塊がちょこんと座っていた。ずいぶん行儀の良い姿勢でアデレイドをじっと見ている。アデレイドは破顔した。
「子虎ちゃん。久しぶりね」
 毎日来るときもあれば、一週間ほど間が空くときもあったが、今回は二週間以上も姿を見ていなかった。
 アデレイドが宮廷社交界の催しのときに心無いことを言われたり、言葉はなくてもそういう態度を取られたりしたときに、子虎はなぜか現れた。
 彼女が幽体で王城を見て回っているときにはまったく出逢わない。
 王城のどこかで彼女を見ていて、慰めに来るのかと疑いたくなるほどのタイミングで出没する。
 オーガストには『ジェイド王城の守護だ』と言われた。本当にその通りだ。
 彼女は窓際まで行って絨毯の敷かれた床に膝を落とすと、両腕を伸ばして子虎をぎゅっと抱きしめた。
 ふわりとした感触やビロードのような毛並みのよさ、そして温かさをしみじみと感じ取る。
「相変わらず柔らかいのね。可愛いー……」
 頬ずりをして目を閉じた。いつもと同じく、独り言に近い語り掛けをする。
「あのね。昨日の夜はたくさんのことがあったの。それで、オーガスト様にすべてを打ち明けようと思うのよ。どうかしら?」
 抱きしめていたのを、膝の上に乗せて見つめると、子虎は顔を仰向かせ『くうっ』と唸った。
「オーガスト様は私を断罪されるわよね。それは真っ当だと思うから構わないのだけど、クリフのことや、ギュースのことをお話しなくてはいけないの」
 決意のまなざしになっていた。そこで不意に気が付く。
「子虎……。虎? まさかね。光っていないし、あの方は成獣だったもの。小さくなるなんてことがあるのかしら。……小さくなるのではなくて、子供の虎と成獣と二つの変化能力を持つとしたら? 大虎はエネルギーの発散で光るけど、子虎の方は抑制しているから子供の姿になって、光らない――ということ?」
 言葉にすると、その通りだと確信が持てそうだった。さらに思考はどんどん展開してゆく。
「もしも本当に変化が二つあるなら、ものすごく巨大な魔法力を持っていることになるわ。えっと、……私、オーガスト様のこと、あなたにいっぱい話したわよね」
 思いついたことにぎょっとして、子虎の両前脚の脇下に手を入れて顔を近づけ、その眼を覗き込んだ。
 子供の形をしているとはいえ猛獣には違いなく、くるんとして瞬きの少ない眼をしている。そこには、戸惑う顔をしたアデレイドが映っていた。
 ――今まで、子虎ちゃんになにを語ってきたかしら。オーガスト様のことがとても気になるとか? 私をどう思っていらっしゃるの、とか、あとは、十八歳まで待ってくださるのは嬉しいけど、待ち遠しい……なんてこと口走っていたわ! そうよ、一夜だけでも妻にしてほしい……って。
 ずいぶん気恥ずかしいことを言ってきたものだ。何だか頬が熱い。
 よくよく見れば、子虎の眼は黄金色に漆黒の瞳が縦にあると思っていたが、それだけではなく下側に透き通った緑色の光彩が見て取れた。グラデーションではないか。これはこれで相当美しい。
 しかし、……緑?
「磨かれた翡翠の色。オーガスト様の眼の色だわ。……あら、これは?」
 なんと、いつもはなかったのに、首に細い紐状の革が緩めに掛かっていて、垂れ下がった先に楕円形の翡翠が付いている。紐が長くて子虎の両足の間に隠れていたから、最初は分からなかった。
 手を伸ばして翡翠に触れようとしてところで、子虎は彼女の腕から外れてひゅんっと後ろへジャンプした。そして、黄金の光が全身を包むと同時に巨大になり、瞬きの間に成獣の大虎が姿を現す。
「あ――っ!」
 思わず声を上げてしまった。口元を両手で押さえると、慌てて周囲を見回す。
 幸いなことに、ルミアは眠っているのか顔を覗かせてこない。
 湖のところで見たのと同じで、大虎は薄い幕が張ったような感じで黄金の光に包まれていた。
 アデレイドは、驚愕で唇を薄く開けたまま凝視した。彼女が手を伸ばしても虎は身を翻したりしなかったから、そのままそっと首筋を撫でる。滑らかで柔らかい。小虎と同じで抜群の手触りだ。
「オーガスト様……」
 彼女が小さく呟いた途端、虎はすっと横へずれて再び黄金の光が全体を包む。
 人型が現れたのでアデレイドは困ってしまって俯いた。
 予想通りオーガストの姿になったものの、湖のときと同じで裸体だ。虎が服を着ない以上、なくて当たり前という理屈は分かるが、恥ずかしくて目を向けられない。
 ばさりという布の擦れる微細な音が耳に届いたかと思うと、『アデル』と声がした。
☆この続きは製品版でお楽しみください☆

amazonで購入

ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラ文庫6周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
お知らせ

2020/11/30
電子書籍ガブリエラブックス
『ひみつの甘味堂 新婚ですが美貌の社長と離婚してもよろしいですか?』
斎王ことり・イラスト/蜂不二子

2020/10/30に発行致しました、ガブリエラブックス1作品の各電子書籍ストアでの販売が11/30頃より順次スタート致します。

ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2020/11/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ


10月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】

1/『偽装恋人 超ハイスペックSPは狙った獲物を逃がさない』御厨 翠・イラスト/天路ゆうつづ
2/『契約結婚につき溺愛禁止です! エリート御曹司と子作り生活』天ヶ森 雀・イラスト/上原た壱

2020/10/23に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が11/25頃より順次スタートいたします。

ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2020/10/30
電子書籍ガブリエラブックス
『暴虐帝の蜜愛花嫁 孤独な皇女は愛にとろける』
小出みき・イラスト/旭炬

2020/9/30に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が10/30頃より順次スタート致します。

ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2020/9/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ

8月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】
1/『御曹司パパは子育てはじめました! ママと息子を幸せにする方法』七福さゆり・イラスト/ゆえこ
2/『完璧CEOの溺愛シンデレラ マジメで地味な秘書は恋愛対象外?!』玉紀直・イラスト/ゴゴちゃん

2020/8/25に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が9/25頃より順次スタートいたします。

ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink