国王陛下の甘い花
落ちこぼれ公爵令嬢ですが想定外の溺愛にとまどいしかありません
【本体1200円+税】

amazonで購入

●著:七福さゆり
●イラスト:ことね壱花
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:978-4-8155-4040-1
●発売日:2021/1/29

一緒に居たい。このまま城に連れ帰っていい?

ベルナール公爵家では代々、女性には不思議な力が現れる。公爵令嬢のローズには一度触れた花ならどこからでも出せる能力がある。役に立たない力と言われ劣等感を持つ彼女を、国王フィリップは一目見て気に入り求婚する。「君が傍に居るのに触れないなんて無理だ」美しい陛下に会うたび甘く囁かれ蕩かされて、自信をつけていくローズだが!?




「あの、フィリップ様?」
「一曲、踊ってくれるかな?」
 まさか、誘ってもらえるなんて思わなかった。
「え、ええ、喜んで」
 次の曲が始まる。
 令嬢たちの羨望の眼差しを全身に感じながら、ステップを踏む。
 国王と踊ることになるなんて、さっきまでの自分が聞いたらさぞ驚くことだろう。
 足を踏まないか、ステップが遅れてしまわないか緊張してしまう。
 あら……?
 緊張していたのに、身体が軽々と動く。
 不思議だ。いつもは自分のダンスがあまりにも下手なことにガッカリするのだけど、今日はとても上手く踊れているように感じた。
 あ……。
 ふわりと甘い香りがする。
 フィリップの香水だろうか。さっきは冬薔薇の香りでわからなかったけれど、いい香りだ。甘いけど、くどくない。爽やかな甘さだ。
「レディ・ローズの力は素晴らしいね。あなたの生み出した花は、とても美しかった」
「ありがとうございます。姉や先祖のように国にお役立てできるような力ではないのが、お恥ずかしいのですが……」
「恥ずかしいなんてとんでもない。あなたの力は人々に癒しを与える。それは我が国どころか、全世界に役立つ素晴らしい力だ。だから引け目など感じないでほしい」
 癒しを与える……。
 いつも姉や先祖と比べてばかりで、自分の力は役立たずな力とばかり思っていた。でも、そんな考え方があるなんてと驚いた。
 胸の中が、ポカポカ温かい。
「その力は、いつから使えるように?」
「正確な年齢は覚えていないのですが、物心がついた頃にはもう使えるようになっていました」
「そんなに幼い頃から使えるのか……」
「ええ、姉も先祖もそうだったみたいです」
「子供は特にその力を喜びそうだ。誰かしら会うたびに、出してくれとせがまれて大変だったのでは?」
「いえ、それがとても気味悪がられてしまいまして、人前では使わないようにしていました」
 教会で暮らしていた時、力を見せたことで気味悪がられ、孤立してしまった苦い過去がある。
 でも、そのおかげでベルナール公爵家の娘だとわかって、クレトとリアーヌと出会えたのだから、辛かったけれど結果よしだ。
「……ああ、だから」
「え?」
「あ、いや、なんでもない。そんなに素晴らしい力を気味悪がるなんて酷いな……一列に並べて、一人一人説教してやりたいよ」
 一国の王が子供を説教するところを想像したら、笑ってしまう。
「ふふ、ありがとうございます」
 いつもならダンスをするのに必死で、会話をするのが辛いと感じていたが、今日は全く思わない。
 フィリップのリードが上手だから、そう感じるのだろう。
「レディ・ローズは、ダンスが上手だね」
「いえ、フィリップ様のリードがお上手だからです。私はお恥ずかしながら、ダンスが苦手で……いつも足を踏まないようにするのが精いっぱいなんです」
「私もだよ」
「ご冗談を……フィリップ様は、とてもお上手です」
「いや、謙遜ではなく本当なんだ。と言うことは、きっと我々の相性がいいのだろうね。だからお互い上手に踊れると感じるのだろう」
「ふふ、光栄です」
 フィリップがこんなに気さくな人だとは思わなかった。
「次に会った時、また花を見せてほしいな」
「ええ、もちろんです」
「ありがとう。とても楽しみだ」
 にっこり微笑む彼を見ると、心臓が大きく跳ね上がって、激しく脈打ち始める。
 顔が熱いわ……。
 胸の高鳴りや顔の火照りは、フィリップとのダンスが終わってからも続いた。
 彼と踊った後は他の男性と踊りたくなくて、間もなく帰る時間になるということもあり、化粧室で残りの時を過ごした。
 家に戻ってベッドに入ってから、ローズは彼の言葉を何度も思い出して、なかなか眠れずにいた。
『あなたの力は人々に癒しを与える。それは我が国どころか、全世界に役立つ素晴らしい力だ。だから引け目など感じないでほしい』
 貴族は社交辞令を使う。
 建前と本音は、表情や言い方でなんとなくだけどわかるものだ。
 あの時のフィリップの言葉は、心からの言葉だった。
 嬉しかった。家族以外にそんな風に言われるのは、初めてだ。
 何度も彼の言葉や多くないやり取りを思い返すとますます目が冴えてしまい、ようやく眠りに就いたのは空が明るくなってからだった。
☆この続きは製品版でお楽しみください☆

amazonで購入

ガブリエラブックス発売延期のお知らせとお詫び
ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラ文庫6周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
お知らせ

2021/2/27
電子書籍ガブリエラブックス
『転生して竜をもふもふしていたらモブなのに愛され王妃になりまして』
藍杜雫・イラスト/天路ゆうつづ
『国王陛下の甘い花 落ちこぼれ公爵令嬢ですが想定外の溺愛にとまどいしかありません』
七福さゆり・イラスト/ことね壱花

2021/1/29に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が2/27頃より順次スタート致します。

ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/1/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ


12月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】
1/『めちゃモテ御曹司はツンデレ万能秘書が可愛くってたまらない』小出みき・イラスト/小禄
2/『コワモテ不動産王の不埒な蜜愛』玉紀 直・イラスト/なま

2020/12/25に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が2021/1/25頃より順次スタートいたします。
ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2020/12/24
【ガブリエラブックス12月刊
発売延期のお知らせとお詫び】
【発売延期タイトル】
ガブリエラブックス1点 「転生したら、攻略対象外の魔王の溺愛がレベチすぎるんですけど!」
変更後の発売日等につきましては、決定次第ガブリエラ文庫ホームページにてご案内させていただきます。


シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink