バリキャリですが転生して
王子殿下の溺愛秘書として頑張ります!!
【本体1200円+税】

amazonで購入

●著:火崎 勇
●イラスト:池上紗京
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:978-4-8155-4047-0
●発売日:2021/3/30

転生サクセスストーリー♡
元キャリアウーマンが侯爵令嬢に!?

前世はバリキャリ商社OLだった侯爵令嬢アンジェリカ。転生後も働きたい彼女だが、親からは許されない。身分と美貌を隠し王宮で侍女を務めるも、有能で美しい第一王子ルークに才能を知られて強引に部下にされる。「王子に見初められるのは面倒か」恋愛は面倒で仕事の方が大事と思っていたのに、理想の上司である彼に頼られるうちに恋を意識しはじめ!?




「お二人様でございますか?」
 あらやだ、後ろから来た人と一緒にされちゃったわ。
「いいえ……」
「ああ。そうだ。個室を頼む」
 ……え?
 ちょっと待って、連れなんかいないわよ。新手のナンパ? タカリ?
 ここははっきり『困ります』と言わないと、と思って振り向いた私は固まってしまった。
「ほう、一目でわかったか」
 にっこりと微笑む青い瞳。
 髪は金髪になっているけれど、数日前に同じようなシチュエーションで微笑まれ、鑑賞用だからと心に刻み込んだ顔だもの。わからないはずがないわ。
 なんでここに変装したルーク王子がいるのよっ!
「……おたわむれを」
 青ざめながら言うと、彼は私の腰に手を添えた。いかにも『連れです』の証明をするかのように。
「戯れではない。一緒に昼食を摂ろうというだけだ」
「ここはカフェですから、軽食しかありませんわ」
「しっかりしたものが食べたいのなら、私の行き着けの店へ行こうか?」
 それって王室ご用達ってこと? そんなとこ行ったら、王子の正体はバレなくても私の正体はバレてしまうかもしれない。もう黒縁眼鏡じゃないんだもの。
 侯爵家の令嬢と王子が二人揃って変装して連れ立っているなんて、とんだスキャンダルだわ。
「……いいえ、ここで」
「そうか。では案内を頼む」
 私達の様子を窺っていた差配の者は頷いて、「ではこちらへ」と二階への階段を示した。
 一階はオープンな、高級だけれど普通のカフェだったのだが、ルーク様の言葉を受け入れたということは個室?
 でも何で?
 どうしてこんなところで、私がルーク様と個室に入らなければならないのよ。
 案内されている時も、ルーク様は店の者に部屋の注文を出していた。
「込み入った仕事の話があるので、隣は空けてくれ。その分の代金も払おう」
 仕事の話、と言ってくれたのはありがたい。男女が個室で、とあらぬ疑いを受けなくて済む。まあ、カフェの二階でいかがわしいことなんてあり得ないんですけど。
 いえ、それ以上に、冷静に考えればルーク様が私に何かするようなことが考えられないわね。
 仕事ってことは、弟王子達のことかしら?
 あの謎解きのことで、注意を受けるのかしら?
 通された部屋は、二階の一番奥の部屋で、二人用にしては広かった。
 テーブルが大きいので、向かい合って座ると距離ができて少し落ち着く。
「好きなものを頼め」
「あの……、あなたは?」
 王子を『あなた』と呼ぶのは気が引けるけれど、『殿下』とも『ルーク様』とも呼べないのだから仕方がない。
「私は甘いものはいらないから、食事を頼む。だが君は甘いものが食べたくてここを選んだのだろう? 遠慮はしなくていい」
「……わかりました。では遠慮なく」
 ビクビクしていては、その方がおかしく思われるわ。
 仕事の話をする二人、だもの。ここは遠慮なくいきましょう。
 私は軽食と、ケーキに紅茶を頼んだ。彼も軽食に、ワインを。まっ昼間からワインなんて前世なら眉を顰めるところだが、ここでは男性としては嗜みなので見逃す。
 私が頼んだものはサンドイッチのようなものだが、彼が頼んだのはスモーブローのようなもの。話の邪魔をされたくないからと言ってあるのでケーキも先に運ばれてしまう。
 テーブルの上、全てが整えられるまで、何かマズイことをいったら大変だと、私は微笑んではいたけれど口は開かなかった。
 給仕が終わり、メイドが一礼して出ていくと、ようやく顔から張り付いた笑顔を外した。
「いつもの眼鏡よりそちらの方がいいじゃないか。どうしてあんな年寄りのようなものを掛けてるんだ? 今日からそれにしたのなら、そっちの方がいいぞ」
 大きいと思っていたテーブル越しに身を乗り出した彼が手を伸ばし、私の眼鏡を取った。
「あ」
「度が入っていないな」
「返してください」
 片手で顔を隠しながら、もう一方の手を差し出す。
「外した方が美人だ」
「ありがとうございます。でもいいから、返してください」
 すぐに返してくれたので、すぐに掛け直す。
「何の御用なのでしょう。仕事ということでしたが?」
「私にエスコートされて個室に入ったのに、口説かれてると思わないのか?」
 ……誰よ、これ。
「王子妃にしてくださいと頼むチャンスだろう」
 にやっと笑う顔は、私の知ってる鑑賞用の王子様じゃない。だって、『にやっ』よ、『にこっ』じゃないのよ。
「ご冗談を。侍女ごときが殿下のお情けを受けられるなどと思い上がったこと、考えたこともございませんわ。まして王子妃などという野望、抱くわけがないじゃありませんか」
「身分が違う、と?」
「よくおわかりで」
「そう言うか」
 また悪そうな笑み。
 それも魅力的ではあるけれど、自分に向けられているかと思うと背筋が凍る。
☆この続きは製品版でお楽しみください☆

amazonで購入

comicoコミカライズ
ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラブックス3周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
お知らせ

2022/8/30
電子書籍ガブリエラブックス
『執着が強すぎるエリート騎士は、敵国に嫁いだ最愛の姫を略奪したい』当麻咲来・ill/園見亜季
『離婚した出戻り令嬢ですが、元夫の王太子に何故だか熱烈求婚されています。 ずっと放置されてたのに今さら困るんですけど!?』小出みき・ill/天路ゆうつづ
『美貌の貴公子を華麗にプロデュース! 婚約破棄された令嬢はウワサの公爵令息に求愛されてます』猫屋ちゃき・ill/SHABON

2022/7/29に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が8/30頃より順次スタート致します。

ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2022/7/29
電子書籍 ガブリエラブックス
『最推しの王太子殿下は、閨レッスンに転生令嬢をご指名です これ以上溺愛されたらR指定なゲームになっちゃいます!』茜たま・イラスト/なおやみか
『離婚寸前!? 仮面夫婦からの溺愛生活 コワモテ軍人は奥様に夢中です』白ヶ音雪・イラスト/白崎小夜

2022/6/30に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が2022/7/29頃より順次スタート致します。
ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/1/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ


12月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】
1/『めちゃモテ御曹司はツンデレ万能秘書が可愛くってたまらない』小出みき・イラスト/小禄
2/『コワモテ不動産王の不埒な蜜愛』玉紀 直・イラスト/なま

2020/12/25に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が2021/1/25頃より順次スタートいたします。
ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink