身代わり王女なので売国して自由になるはずが、
敵国の王様に溺愛されて逃げられません
【本体1200円+税】

amazonで購入

●著:クレイン
●イラスト:Ciel
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:978-4-8155-4094-4
●発売日:2022/9/30

生涯、私の側から離すつもりはない

義父の命を盾に脅され、王女の身代わりにハーレン国に嫁がされたラッティ。彼女は前王の庶子だった。病で死んだ母のこともあり復讐に燃える彼女は、野蛮だと恐れられるハーレン王アレシュに祖国を滅ぼすよう持ちかける。「寝る前にすることがあろう? 私はそなたを随分と気に入った」ラッティの話を真剣に聞きつつ彼女を王妃として遇するアレシュ。美しく聡明な彼にラッティもいつしか惹かれ!?




「っ……!」
 男に素肌を見られることも、触れられることも、初めてなのだろう。
 アレシュが触れるたびに、ラッティが小さく息を詰める。
 アレシュは手のひらで彼女の大きな乳房を柔らかく揉み上げると、顔を寄せてその硬くなった先端を唇で喰んだ。
「あっ……」
 とうとうラッティが、唇を綻ばせ、僅かながら声を漏らす。
 その声に気を良くしたアレシュは、舌でねっとりとその実を舐め上げてやった。
 与えられる刺激に合わせて、ラッティが小さく身を跳ねさせる。
 なかなかに感じやすい、素直な身体をしているようだ。そんなところもまた、実にアレシュ好みである。
「……随分と良い反応をする」
 つい辱めるようにそう言って顔を覗き込めば、ラッティは困ったように眉を下げて頬を赤らめ、その大きな藍色の瞳を潤ませた。
 どうやら苛めすぎてしまったようだ。大事に育てられたお姫様なのだから、程々にしなければ。
 その痛々しく噛み締められた赤い小さな唇が傷つかないよう、アレシュは己の唇を重ねる。
 柔らかくて温かなその感触に酔いしれながら、ラッティの髪を宥めるように撫でる。
 それから彼女の唇の間を舌でこじ開け、その内側へと侵入する。
 それに驚いたのか、ラッティは目を見開き、身を引こうとした。
 逃げられぬようにとアレシュは彼女の手を取り、寝台のシーツの上に縫い付け――そして。
「…………?」
 指先に覚えた違和感に、動きを止めた。
 それから、眉間に深い皺を刻む。

「……貴様。王女ではないな?」

 思ったよりも、怒りを内包した冷たく低い声が出た。
 腕の中に閉じ込めたままのラッティが、恐怖からか小さく息を呑む。
「……何者だ」
 指先に感じる彼女の手のひらはざらりとしていて、指は節くれ立ち、所々の皮が厚く固くなっていた。
 ――それは、労働を知る者の手だ。
 明らかに王宮の奥深くで守られ、蝶よ花よと何不自由なく育てられた王女の手ではない。
 暗殺者か、はたまた身代わりか。
 どちらにせよ、この寝台から生かして出してはやれない事態である。
 そしてどうやらそのことを、アレシュは不愉快に思っているらしい。
 ――人を殺すことに慣れているはずの自分が、目の前の震える少女を殺したくないと。
 ラッティは逆らわず、その体から力を抜いて、アレシュの目を真っ直ぐに見た。
 覚悟を決めたのか、その藍色の目は恐怖を映すことなく、ただ凪いでいた。
「……いいえ。私は間違いなく、ヴァレンツァ王国の王女です」
 往生際悪くまだ言うのかと、憤慨したアレシュは、その細い首に己の大きな手のひらを押し当ててやった。
 すぐにでもこの首をへし折れるのだと、脅すように。 
 だがそれでも、ラッティは静かにアレシュの金色の目を見据えたままだ。
「この高貴なる赤が、何よりもの証でしょう?」
 ラッティは臆することなく、言い放つ。
 燃えるような赤い髪は、確かにヴァレンツァ王族の特徴として、よく知られていた。
 それにしても妖精のような儚げな見た目とそぐわず、随分と肝の据わった女だ。
 怒れるアレシュを前にして、こうも自分の言いたいことを言ってみせるとは。
 内心で感嘆しつつも、アレシュは不快げに眉に皺を寄せてみせた。
「……ほう。ではヴァレンツァ王国は、王女に水仕事をさせるのか」
「ええ、そうなんです。正当な王女を何の支援もせずに市井に放置して、散々苦労させておきながら、ある日突然呼び出して、王族なんだから死んでこいと、敵国に送り込むような国なんですよ」
 ひどい国でしょう? とラッティが子供のように唇を尖らせて言うので。
 確かにそれはひどい国だと、アレシュは思わず毒気を抜かれてしまった。
「お願いです。アレシュ様。殺す前に、どうか私の話を聞いてはくださいませんか」
 獅子に組み敷かれながらも、それでも諦めずに必死に交渉を続ける少女。
 彼女に興味を持ったアレシュは、拘束していた手を緩めた。
 所詮はこんな非力な少女一人、殺すことなどいつでもできる。
 ならば長い夜に少しくらい、その囀りを聞いてみたっていいだろう。
「……良かろう。話してみるがいい」
「ありがとうございます!」
 ラッティは顔に安堵を浮かべ、それからぱあっと花が綻ぶように笑った。
 それはこれまでの取り澄ましたような、作られた笑顔ではなく。年相応の、おそらくは彼女本来の笑顔で。
 アレシュは思わず見惚れてしまった。
 ――嗚呼、一体何なのだろう、この可愛い生き物は。
 それからラッティは表情を改め、真っ直ぐにアレシュの目を見据えた。
「……あなたに農耕可能な肥沃な土地を、凍らない喫水の深い港を、そしてヴァレンツァ王国にある全ての知識、技術を差し上げます。――ですから」
 自信満々に滔々と、ラッティは宣う。
 それがはったりなのか、はたまた真実なのか。アレシュにはわからない。
 だがラッティから差し出されたそれらは、確かに資源の乏しい北の大国ハーレン王国が、そしてアレシュが、喉から手が出るほどに欲しているもので。

「共にヴァレンツァ王国を滅ぼしませんか? 私、売国しちゃいます!」

 そして、満面の笑みと共にその可憐な薄紅色の唇から吐き出された、途方もなく不穏な言葉に。
「…………は?」
 思わずアレシュは、彼らしからぬ間抜けな声を上げた。

☆この続きは製品版でお楽しみください☆

amazonで購入

comicoコミカライズ
ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラブックス4周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
お知らせ

2022/11/30
電子書籍 ガブリエラブックス
『横暴な婚約者から逃げだしたら、王弟殿下の最愛の薔薇として甘く乱されました』犬咲・ill/すらだまみ
『エリート王弟殿下の婚活相談を受けたら、没落令嬢の私が求婚されたんですが!?』熊野まゆ・ill/なおやみか

2022/10/28に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が2022/11/30頃より順次スタート致します。
ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2022/10/28
電子書籍ガブリエラブックス
『身代わり王女なので売国して自由になるはずが、敵国の王様に溺愛されて逃げられません』クレイン・ill/Ciel
『調査対象の騎士団長は触れたら火傷しちゃう系(物理的に!)』朱里 雀・ill/白崎小夜

2022/9/30に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が10/28頃より順次スタート致します。

ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/1/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ


12月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】
1/『めちゃモテ御曹司はツンデレ万能秘書が可愛くってたまらない』小出みき・イラスト/小禄
2/『コワモテ不動産王の不埒な蜜愛』玉紀 直・イラスト/なま

2020/12/25に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が2021/1/25頃より順次スタートいたします。
ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink