エリート王弟殿下の婚活相談を受けたら、
没落令嬢の私が求婚されたんですが!?
【本体1200円+税】

amazonで購入

●著:熊野まゆ
●イラスト:なおやみか
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:978-4-8155-4097-5
●発売日:2022/10/28

私はもうずっと君に夢中だったよ

人の恋心が聞こえる力を持ち、縁結びの謝礼金で家計を支えるリディアの元に、王弟ジャスティンの結婚相手を探せと依頼が。舞踏会に向かい王弟に会うと、何と彼は夢の中で会っていた美しい男性と同じ人物だった。「きみを何度も夢に見た。運命としか思えない」熱烈にリディアを口説くジャスティンだが、身分差に周囲の視線は冷たい。しかし彼は、彼女に住み込みで仕事の補佐をしてほしいと迫り!?




 ――これはきっと夢だわ。
 どこまでも続く草原の先に、とてつもなく大きな月がある。それはまるで、天の月が地上に落ちてきたよう。世界は、大きな月の明かりに煌々と照らされていた。
 ただ、自分がネグリジェを着ているという点だけは現実味がある。そのことがおかしく思えて、リディアはひとり笑いながら草原を歩いた。
 突如として眼前に大きな樹が現れる。そしてそのすぐそばに、佇む男性の姿があった。
 強烈な月の光に照らされた漆黒の髪が、そよぐ風を受けて横になびく。青い瞳が、まっすぐにこちらを見つめてくる。
「こんばんは」
 リディアが言うと、男性もまた同じように「こんばんは」と挨拶を返した。
 ――なんてきれいな人。
 弓形の美しい眉に、涼しげながらも力強さの滲む双眸。高い鼻梁の下には形がよく、それでいてどこか艶っぽい唇がある。
 男性は寝衣姿にも拘わらず凄まじいまでの美貌を放っていた。
 そうしてリディアは、自身もネグリジェであり、本来なら人前に出られる服装ではないことに気がつく。
「このような恰好で、申し訳ございません」
「それを言うなら私もだ」
 男性は困ったように微笑した。
 そこへ突然ティーワゴンとテーブル、そしてガーデンチェアが現れる。子どものころに絵本で読んだ魔法のようだった。ワゴンにはハーブ――庭に植えているマリーゴールド――が入った透明の瓶が置かれていた。不思議と喉が渇いてくる。
 男性も同じなのか、あるいは急に出現したそれに驚いているのか、ティーワゴンをじいっと見つめている。
「あの……わたし、ハーブティーを淹れますね。どうぞお座りください」
「……ああ」
 少し戸惑ったようすで男性はガーデンチェアに座った。戸惑いがあるのはこちらも同じだ。
 ――けれどこれは夢なのだし。
 互いに名乗りもしていないが、どうせ夢なのだしこれきり会うこともないのだろう。リディアは気楽に考えてハーブティーを淹れた。
 テーブルの上にティーカップを置くと、男性はすぐさま手に取りマリーゴールドティーを飲んだ。
「ハーブティーは初めて飲んだけれど――まろやかで、さっぱりしていて美味しい」
 男性がほほえんだので、リディアもまた笑みを返した。
「それにしてもここは……幻想的な場所だ。きみは妖精かなにかなのかな」
「いいえ、まさか」
 リディアは妖精を知っている。自分とは似ても似つかない。
「そうか……。きみの紫色の瞳は神秘的だから、つい」
「でしたらあなたのほうが。神様のようにお美しいです」
「私は男だよ?」
 男性はおかしそうに笑う。
「はい。背が高くて肩幅も広くていらっしゃるので、男性だとはわかっておりますが、この世のものとは思えないほどの美貌をお持ちです。でも……夢だから、この世のものではないのかしら」
「面白いことを言うね。けれど私は現実に存在しているよ?」
 リディアは「ふふ」と笑う。
 ――こんなに美しい男性が現実にいたらきっと、国が傾くわ。
 傾国の美女という言葉があるが、彼はその男性版だ。きっとだれもが虜になって、我を見失う。
「信じていない、っていう顔だね。まあ……夢なのだし。頑なになっても仕方がないか」
「ええ、そうです。どうぞ肩の力を抜いて、気楽に過ごしましょう」
「気楽に、か……。たしかに。このところ働きづめだ」
「お疲れなのですね。歌でも歌いましょうか」
「ぜひ聞いてみたい。夢の妖精の歌声を」
「ですから、妖精ではありません」
「いいじゃないか。きみは私の妖精だ。美味しいハーブティーを淹れて、愛らしく笑って、歌まで歌ってくれるなんて――。すごく癒やされるよ」
 男性はテーブルに頬杖をついて首を傾げ、ふわりと微笑する。
「さあ、聞かせて。きみの歌を」
 現実ならば恥ずかしさが先に立って、人前で歌うなんて絶対にしない。しかしいまは違う。
 リディアは大きく息を吸い込んで、月夜に妖精が踊る歌を披露した。


 リディアは夢の世界で、男性と二度目の邂逅を果たす。
「また……お会いしましたね」
「そうだね、嬉しいよ。こんな偶然があるなんて……。やっぱりきみは妖精だ」
 男性は緩くほほえんで腕を組み、大きな樹の幹に背を預けた。何気ない仕草でも、たとえ寝衣姿であっても、彼がするとなんだって絵になる。いつまでも見とれてしまいそうになる。
 夢は、己の願望の表れでもあると聞いたことがある。
 ――わたしは、この男性とまた会いたいと強く思ったのだわ。
 だからまた夢で出会えたのだろう。
 男性はどこか楽しそうにあたりを見まわす。
「見て、あの空を」
 長い指が示すほうを見る。夜空だというのに幾筋もの虹が架かっていた。
「美しいね。そしてなにが起こるかわからないから、わくわくする」
 男性がそう言った瞬間、グラウンドピアノが現れた。
「前回はティーワゴンだったけれど、今日はピアノか」
 ピアノにはご丁寧に楽譜まで置かれている。
 男性はピアノに近づくと、指で軽く鍵盤を押した。
「うん、きちんと調律されている。……一緒に弾く?」
「ええと……そうですね。弾いてみたいです」
 リディアもまたピアノのそばへ歩いて譜面を見た。
「けれどこの曲はとても難しそう。わたし、ピアノは不得意なのです」
「では教えてあげようか。このあいだ美味しいハーブティーを淹れてもらったお礼に」
 夢だというのに、男性は前に会ったこともしっかり覚えてくれている。
 ――わたしが、そういう願望を持っているのね。
 リディアは「はい、ぜひ。ご教示お願いいたします」と答えてピアノ椅子に座った。男性もすぐ隣に腰かける。
「まずは弾いてみて」
 リディアは頷いて、指を動かしはじめる。ところがすぐに躓いてしまう。
「ああ、ここは……そうだな、この指を使うといいよ」
 言われたとおりにすると、スムーズに弾くことができる。リディアはそうして教わりながら、どんどん曲を弾き進めた。
「あなたはもしかして、ピアノの講師をしていらっしゃるとか?」
「いや、違うよ。嗜む程度だ」
「そうなのですか? とてもお上手で、わかりやすいから」
 夢だというのに、本当に不思議だ。自分が知らない技術と知識を、傍らにいる男性は持ち合わせている。
 終盤はテンポが速くなったので悪戦苦闘しながらも、なんとか楽譜の最後までふたりで弾くことができた。
「ありがとうございました、夢の方」
 名前がわからないのでそう呼ぶと、男性はほんの少しだけ目を見開いた。
「夢の方、か……。なかなかロマンティックな響きだ。……ねえ、きみの名前を教えて。妖精では、ないんだろう?」
 リディアは口を開けたものの、言葉は紡がずに閉じた。
「……内緒です。お互いに知らないほうがいいと思います」
 リディアだと名乗ってしまえば、この幸せな夢から覚めてしまいそうで怖い。男性の名前を知ることも、そうだ。一気に現実へと引き戻されてしまいそうで嫌だと思った。きっと知らないままのほうが、この夢を楽しんでいられる。
 現実で、これほど楽しいひとときを過ごすことはないのだから。
「そう……。妖精は口が堅いのかな」
 男性は不服そうに眉根を寄せて唇を引き結んだ。
 そうしてしばらく見つめられていた。
「なにが起こるかわからないからわくわくすると、さっき私は言ったけれど……訂正する。きみと一緒だから、楽しいんだ」
 リディアはドキンッと心臓が跳ねる、生々しい感触を覚えた。


 二度あることは三度ある。
「また会ったね」
 大きな樹の下に、夢の方がいた。なにもかもを魅了するような優しい笑みを浮かべている。
 ――これは本当に夢なの?
 こう何度も立て続けに、同じ男性が夢に出てくるだなんて。信じられない気持ちと、また会えて嬉しい気持ちが同時に込み上げてくる。
「さて、今日は……パズルをせよ、ということかな」
 草原にはパズルのピースが散らばっていた。両手で抱えなければ持てないほどの大きなピースに、なにか絵が描かれている。
「どんな絵なのでしょう」
「うん、気になるね。一緒にピースを合わせていこう、名もなき妖精さん」
 ふたりで絵を合わせたり離したりしながら、ああでもないこうでもないと試行錯誤して、なんとか巨大なパズルを完成させる。出来上がったのはハチミツの壺だった。
「ふふ、まさかハチミツの壺だなんて」
 笑っていると、視線を感じた。上を向けば、青い瞳と視線が絡む。
『きみが夢でなく、現実にいてくれたらいいのに』
 心の中に響いてきた声にどきりとする。
 ――これは夢なのに、どうして? ああ……違うわ、夢だからこそ彼の心の声が聞こえたのだわ。
「きみと現実の世界で出会えることを願っているよ。もちろん、夢でもまた会いたいけれど」
 男性は、いましがた聞こえた心の声と同じことを言っている。
「ふふっ……正直なお方」
 不思議そうに首を傾げる男性を眺めつつ、やはりこれは夢なのだと再認識する。
 心の声と本音が同じ男性なんて、現実には絶対にいない。
 いま目の前にいる、麗しくて優しく、正直な男性は夢だからこそ、存在しうるのだ。
「わたしもまたお会いしたいです。これからも、ずっと……」
 男性は嬉しそうに笑ってリディアの手を取る。
 ――本当に不思議。
 夢なのに、温もりを感じる。
 その後、リディアは男性と幾晩も夢の逢瀬を重ねた。

☆この続きは製品版でお楽しみください☆

amazonで購入

comicoコミカライズ
ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラブックス4周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
お知らせ

2022/11/30
電子書籍 ガブリエラブックス
『横暴な婚約者から逃げだしたら、王弟殿下の最愛の薔薇として甘く乱されました』犬咲・ill/すらだまみ
『エリート王弟殿下の婚活相談を受けたら、没落令嬢の私が求婚されたんですが!?』熊野まゆ・ill/なおやみか

2022/10/28に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が2022/11/30頃より順次スタート致します。
ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2022/10/28
電子書籍ガブリエラブックス
『身代わり王女なので売国して自由になるはずが、敵国の王様に溺愛されて逃げられません』クレイン・ill/Ciel
『調査対象の騎士団長は触れたら火傷しちゃう系(物理的に!)』朱里 雀・ill/白崎小夜

2022/9/30に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が10/28頃より順次スタート致します。

ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/1/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ


12月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】
1/『めちゃモテ御曹司はツンデレ万能秘書が可愛くってたまらない』小出みき・イラスト/小禄
2/『コワモテ不動産王の不埒な蜜愛』玉紀 直・イラスト/なま

2020/12/25に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が2021/1/25頃より順次スタートいたします。
ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink