異世界転生したら、
推しの女嫌いなハズの王子様がグイグイ迫ってきます!
【本体1300円+税】

amazonで購入

●著:すずね凜
●イラスト: ウエハラ蜂
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:978-4-8155-4304-4
●発売日:2022/12/28

愛している。あなたこそが、私の運命だ。

公爵令嬢ディアーヌは王子リュシアンとの婚約直前に、この世界を描いた小説を愛読していた前世を思い出す。
このままでは自分もリュシアンも悲劇となる設定に気付き、それを避けるべく婚約破棄を申し出た彼女に、リュシアンは興味を持ち熱く迫ってくる。
「可愛いな、可愛い、私のディアーヌ」
大好きな彼に蕩けるように愛され流される日々。
ディアーヌは前世の知識で悲劇を回避しようとするが!?




 リュシアンはひとしきり声を出さずに笑っていたが、ふいに生真面目な表情になった。
「気に入った」
「え?」
「あなたが気に入った」
「ええっ?」
「この婚約を進めよう」
「え、いえ、待って……」
「あなたの予知夢とやらなら、私はまったく気にしない」
「い、いえ、気にしてくださいっ」
「年頃の乙女は感受性が豊かと聞く。悪い夢の一つや二つ、当たり前に見るものだろう」
「そ、そうじゃないんです」
 アタフタしてさらに言いつのろうとすると、すっとリュシアンの長い骨太の指先が、唇を抑えた。指の温もりに、心臓がドキンと跳ね上がった。
「もう、何も言うな」
「……」
 つつーっと彼の指先がディアーヌの唇を辿る。指先がゆっくりと下に滑り、ディアーヌの小さな顎をくいっと持ち上げた。
「っ」
 ゆっくりとリュシアンの顔が寄せられる。視界が彼の顔で占められる。
 ドキドキがどんどん高まって、ディアーヌは息をするのも忘れそうになる。
 唇が重なった。
 口づけされた、と遅ればせながらに気がつく。
 その柔らかく悩ましい感触に、頭がクラクラして思わず目をぎゅっと瞑ってしまう。
 リュシアンは優しく何度も触れるだけの口づけを繰り返した。
 前世から恋い焦がれてきた人に口づけされている。
 ディアーヌの心臓は破れそうなほどバクバク言っていた。
 あまりの幸せに、この場で死んでしまってもいいとすら思った。
 いつの間にか、リュシアンの片手が背中に回され、そっと彼の方に引き寄せられる。胸と胸が合わさり、身体がぴったりと密着した。
 自分の動悸なのかリュシアンの動悸なのかわからないくらい、鼓動が全身に響いて来る。口づけのあまりの心地よさに、頭の中が酩酊して何も考えられない。
「は……ぁ」
 ずっと息を止めていたので、苦しくなって思わずかすかに唇を開いた。
 すると、なにか濡れた熱いものがするりと口腔内に忍び込んできた。
「んんっ?」
 リュシアンの舌がぬるぬるとディアーヌの口の中をまさぐった。
 こんな口づけがあるなんて、生まれて初めて知った。
 驚いて全身が硬直してしまう。
 その間にも、リュシアンの舌は歯列、唇の裏、口蓋、喉の奥まで探ってくる。口を閉じたくても、リュシアンの舌を噛んでしまいそうで、ただ呆然と口を開けているだけになってしまう。
 やがて、怯えて縮こまっていた舌を探り当てられ、そこをリュシアンの舌が擦る。
「んんんー……っ」
 猥りがましい感触に、喉奥から変なうめき声が漏れた。嚥下できない唾液が、口角から溢れてくる。
 ふいに舌を搦め捕られ、ちゅうっと音を立てて強く吸い上げられた。その瞬間、背筋に経験したことのない甘い痺れが走り、ディアーヌは目を見開いた。
「ふ、ぁ、んんああっ……ぃやぁ……」
 身じろいだディアーヌの身体をリュシアンは、さらに強く抱きしめてくる。
「んぁ、は、はぁ……ぁ」
 何度も強く舌を吸い上げられると、淫らな刺激に強張っていた四肢からみるみる力が抜けていく。くちゅくちゅと舌が擦れ合う恥ずかしい水音が耳孔に響き、怖くて恥ずかしいのになぜか心地よい、と感じてしまう。
「んゃ……ぁ、は、ふあ……ぁん」
 いつの間にかうっとりと、情熱的な口づけに溺れてしまっていた。
 ディアーヌが抵抗しないと察したのか、リュシアンは顔の角度を変えては、思う存分ディアーヌの甘い舌を味わう。
「……は、はぁ、は……ぁ……」
 永遠と思われるほど長い口づけの果てに、ようやくリュシアンの唇が離れた時には、ディアーヌは半ば意識を失いぐったりと彼の腕に身を預けていた。
「ご令嬢――ディアーヌ嬢」 
 リュシアンがディアーヌの燃えるように熱くなった額や頬に口づけの雨を降らす。
 ああ今、初めて名前を呼ばれた、と、思考が散漫になった頭の隅で思う。
「で――殿下……」
 息も絶え絶えで答える。
「二人だけの時は、名前で呼んで欲しい」
 リュシアンがにこりと白い歯を見せて微笑んだ。
 目も眩むような爽やかな笑顔に、ディアーヌは心臓を射抜かれる。
 熱い口づけの直後の清涼な笑顔なんて、ずるすぎる。前世の思慕がなくても、どんどん心惹かれてしまうではないか。
「……リュシアン、様……?」
 おずおずとその名前を口にすると、リュシアンは満足げにうなずいた。
「そうだ、それでいい」
 彼はそっとディアーヌの身体を解放した。
「もう、気分は悪くないか?」
「わ、わかりません……なんだか身体が熱くて、クラクラして……」
「それは良い気分という意味かな?」
 ふふっと吐息で笑われ、恥ずかしさに余計に体温が上がってしまう。
「今日は初顔合わせだから、これで失礼する――私はまだ執務が残っているからな」
 リュシアンは名残惜しげな顔で立ち上がると、大きな手でそっとディアーヌの頭を撫でた。
「明日、昼前に屋敷に馬車を寄越す。散歩でもした後、昼餐を共にしよう」
「はい――あ、いえ、だめです、婚約は……」
「解消せぬ」
 きっぱりと言われ、ディアーヌは気を飲まれてしまう。
「そんな心細そうな顔をしなくてもいい」
 リュシアンは力づけるような口調で言う。
「今までも、命の瀬戸際に立たされたことは何度もある。数多の戦も勝ち抜いてきた。あなたとの結婚くらいで、不幸になることなど、決してない」
「リュシアン様……」
 自信満々で言われると、そうかもしれないとつい思ってしまう。でも――。
「誰ぞおるか?」
 リュシアンが階の後ろの垂れ幕の方に声をかけると、音もなく衛兵が数名現れた。
「あ」
 王弟殿下の護衛が身を潜ませていたのを知って、ディアーヌは口づけの場面も見られていたのかと、恥ずかしさに顔が真っ赤になった。
「カルノー公爵令嬢をお屋敷まで送り届けるように」
「承知しました」
 リュシアンの命令に衛兵たちが頭を下げる。
「では、また明日だ」
 リュシアンは最後にディアーヌに軽く手を振った。
 そして、踵を返して謁見室を出て行ってしまう。
「……」
 ディアーヌはぼうっとその後ろ姿を見送っていた。
 情熱的な口づけと優しい言葉に、動悸がおさまらない。
 でも、このままでは――。
 甘くときめく胸の奥に、ひやりと冷たい予感も潜んでいることを感じていた。

☆この続きは製品版でお楽しみください☆

amazonで購入

comicoコミカライズ
ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラブックス4周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
お知らせ

2022/12/30
電子書籍 ガブリエラブックス
『転生悪役令嬢がモブの推しに嫁いだら、実は完璧スパダリキャラで溺愛されてます!!』小山内慧夢・ill/敷城こなつ
『転生先で推しのイケオジ陛下に婚活指南をしたら子作りすることになりました!』:麻生ミカリ・ill/逆月酒乱

2022/11/30に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が2022/12/30頃より順次スタート致します。
ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2022/11/30
電子書籍 ガブリエラブックス
『横暴な婚約者から逃げだしたら、王弟殿下の最愛の薔薇として甘く乱されました』犬咲・ill/すらだまみ
『エリート王弟殿下の婚活相談を受けたら、没落令嬢の私が求婚されたんですが!?』熊野まゆ・ill/なおやみか

2022/10/28に発行致しました、ガブリエラブックスの各電子書籍ストアでの販売が2022/11/30頃より順次スタート致します。
ガブリエラシリーズはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


2021/1/25
電子書籍
ガブリエラ文庫プラス
2作品販売お知らせ


12月刊電子書籍【ガブリエラ文庫プラス】
1/『めちゃモテ御曹司はツンデレ万能秘書が可愛くってたまらない』小出みき・イラスト/小禄
2/『コワモテ不動産王の不埒な蜜愛』玉紀 直・イラスト/なま

2020/12/25に発行しました、現代物TLレーベル・ガブリエラ文庫プラス2作品の各電子書籍ストアでの販売が2021/1/25頃より順次スタートいたします。
ガブリエラ文庫プラスはKindle版・Renta!版・楽天Kobo版・Yahoo!ブックストア版等々にてご購入できます。この機会にぜひご愛読ください。


シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink