転生悪役令嬢ですが、断罪されても嫁いだ先で円満夫婦を目指します! 
ツンデレ公爵様の溺愛は想定外【本体1300円+税】

amazonで購入

●著:まつりか
●イラスト: 森原八鹿
●発売元:三交社
●発行元:メディアソフト
●ISBN:9784815543327
●紙書籍発売日:2024/1/30
●電子版発売日:2024/2/29

生涯の愛を誓おう

伯爵令嬢クローディアは、自分が悪役令嬢に転生していると気付くも、既に婚約者の第三王子から断罪され、嫌われ公爵ルーヴェルに嫁ぐ罰を受けていた。
望まぬ結婚だが彼は超絶的に美しく、その皮肉気な言葉も前世の記憶からただの爛張鵐妊讚瓩畔かってしまう。
「私の妻として、側にいてくれ」
甘く彼に溺愛され幸せな日々を過ごすが、ある日、自分を断罪した王宮から舞踏会の招待状が届いて!?




破廉恥すぎず、わかりやすく覚悟を証明できそうな奉仕とは――。

前世の知識を総動員しながらアイディアを絞り出していれば、不意に向かいから大きな溜め息が聞こえてきた。

視線を向ければ、ベッドに座った彼がこちらの様子を窺うように、その薄紫色の双眸を細める。

「……もし本気で証明したいというのならば、貴様が上となり私を受け入れるがいい」

突然の提案に目を瞬かせれば、そんな私の様子を見て、彼はその目を伏せるようにして冷笑を漏らした。

「尤も、できるなら、の話だがな」

その言葉に、彼が私の覚悟を信じていないことを確信する。

私の『婚姻を嫌がっていない』という言葉を信じられないせいで、夫婦となることを躊躇してしまっているのだろう。

――これは証明するしかないわね。

覚悟を決めて、拳を握る。

彼の求める行為は、恐らく騎乗位だ。

横たわる男性の上に女性が乗り、男性のソレを女性が受け入れる体位。

男性経験のない自分にとっては未知の行為だが、小説や漫画などで何度か見たことはある。

私が彼の上に乗って、己の秘所に相手のモノを受け入れるだけ。

――できそう……いや、できる。やるしかない!

騎乗位を初夜で示すだけで、彼の信頼を得られるのならば安いものだ。

覚悟を決めると、彼に向かって大きく頷いた。

「……やります」

「はは、そうだろうな、無理に決まっている。好きでもない男相手に身体を許すなんて――……おい、今なんと――」

「やらせていただきます!」

力強く宣言した私の言葉に、公爵様はその目を大きく見開いた。

驚きに固まっている彼の側に寄り、腕を伸ばしてベッドのほうを示す。

「どうぞ、上がってください」

「は……いや、本気か?」

「もちろん本気です。女に二言はございませんから」

どんと胸元を叩いた私に戸惑いつつも、言われるがままにベッドに上がった彼は、しずしずとその身体を横たえた。

彼の動きに合わせてベッドが揺れれば、洗い立てのシーツからリネンの香りが広がる。

呆然とした様子の彼を見下ろしながらベッドに上がった私は、失礼しますと声をかけると彼の身体を跨ぎ、下腹部あたりに腰を下ろした。

薄い布の透け透けナイトドレス越しに、相手の体温が伝わってくる。

「……やめるなら今だぞ。別に無理する必要は――」

「大丈夫です。できます。多分」

焦るような上ずった声をあげた彼を見下ろしながら、私は深く頷いた。

彼の上に乗って形だけはそれらしくなったものの、ここから先は未知の領域だ。

――行為を始めるには、まずは服を脱がすべきかしら。

小説なら『愛撫』の一言で示される行動の詳細が、実際になるとどう行動すべきかわからない。

漫画も小説も、大体想いが通じ合ってのベッドシーンだったから大抵キスから始まっていた気がする。

そんなことを考えながら彼のほうに視線を向ければ、ぱちりと目が合った。

目が合ったことに驚きながらも、戸惑いがちにこちらを見上げている彼は、なにかを言いたげに見える。

もしかして、ぎこちない私の行動を見て、やはり初心者に騎乗位を任せるのは不安に感じているのだろうか。

「……あの、やめておいたほうがよろしいですか?」

確認を口にすれば、彼は明らかにほっとしたような表情を浮かべた。

「で、できないのならば初めからそう言えばいい。義務のために貴様が身体を傷つける必要もないし、無理だというならば――」

「いえ、無理でありません」

「なに?」

こちらを見上げる彼は、私の言葉に目を瞬く。

☆この続きは製品版でお楽しみください☆

amazonで購入

comicoコミカライズ
ガブリエラ文庫アルファ
ガブリエラブックス4周年
ガブリエラ文庫プラス4周年
【ガブリエラ文庫】読者アンケート
書店様へ
シャルルコミックスLink
スカイハイ文庫Link
ラブキッシュLink